FX おすすめ 口座

勝率を上げるならチャート分析


外国為替相場は、場数を踏んだプロフェッショナルと個人投資家が、同じ土俵で勝負ができる市場です。こんな世界で高確率で勝ち続けられるのは、高いテクニカルスキルを持つ人間です。fxチャート分析の高度な能力を身につけることで、高い勝率をめざしましょう。

チャート分析の手法によって現在の為替相場を分析し、今後の動向を予測したり、売買に最適なタイミングを計ったりすることは、投資家にとってとても重要です。

トレードで好成績を挙げたいならば、チャート分析の結果によって自分なりに戦略を立てることが必要なのです。

■なぜチャート分析なのか

海外FX取引を行うのに、勘頼りの売買や聞きかじった情報をあてにした取引、場当たり的な作戦を繰り返していれば、そのうちに負けが込み、撤退を余儀なくされることになります。

FX取引に挑戦するなら、チャート分析の手法を身につけておきましょう。インターネットで検索すれば、チャートに関する基礎的な知識はすぐに手に入ります。

今や、チャートについて知っておくことはFX取引には不可欠といえるでしょう。FXトレードでの勝率を上げていくには、チャートの基礎知識を身につけることで、実際の取引の経験を分析して力に変えていくことが必須だからです。

■ローソク足とは

白と青のローソク足は、片方が始値を意味していれば、もう片方は終値を指しています。なお、チャートシステムによってローソク足に使う色は異なります。

チャートに現す期間を1日とする場合は「1日足」と呼びます。この場合に表現できる4つの値は以下の通りです。

高値:一日のうち最も高い時の値
始値:一日のスタート時の値
終値:一日の終了時の値
安値:一日のうち最も安い時の値


ローソク足が大きい時は一日のうちで大きく価格が変動したことを示します。逆にローソク足が小さい時は、価格の変動は小さかったということです。

また、チャートは1日足以外にも、様々な時間軸を用いて表現することができます。一般には、1分から1週間の間で、分析しようとする期間に合うように期間を設定します。

1分足は1時間での価格の変動を調べる時に使い、1日足は数ヶ月間の、1週間足は数年分の推移の分析に用いる、ということです。

解析手法の中には、概略的な推移をみるほか、目的に応じた角度で分析するものもあります。このような解析手法のことを、テクニカルと呼んでいます。

高評価FX

  • XM(XE Markets)
  • 24 Option
  • VIP Option
  • iForex

メニューナビ