FX おすすめ 口座

FXにおける通貨ペア


FXとはUSDやJPYなどを取引する投資行為なわけですが、通貨の売買を行う際は通貨ペアがを取引単位となります。「アメリカドル、円」のように取引をする通貨の組み合わせを通貨ペアと呼びます。

FX取引では通貨ペアを売買することによりポジションを持つことが可能となります。自身の保有している通貨の種類に関わらず、ポジションを持つことができるというのはFX取引独自の捉え方です。

先ほど述べたように取引する通貨の組み合わせが「通貨ペア」なわけですが、表記は「ポンド/ユーロ」というように「/」で区切ります。「/」の左側が「基軸通貨」、右側に記されるのが「決済通貨」と呼ばれています。

通貨ペアを買うという場合は、決済通貨で基軸通貨を購入することを意味します。たとえば米ドル/円を買う時は決済通貨である日本円で、基軸通貨であるドルを買うということを指しています。また逆に米ドル/円を売った場合は、米ドルを売り日本円を買うことを意味します。

通貨ペアのしくみ

「通貨Aを買い対となる通貨Bを売る」という取引がFXの基本になります。XEMarketsでも当然そのように表示がされています。そのことから売買される通貨A、Bの組み合わせが通貨ペアと呼ばれます。このような仕組みは外貨預金と大きく違い、FX取引のメリットであるといえるでしょう。

外貨預金で可能なのはドルを買う場合は円を売りドルを買う、ユーロを買う際も同じく円を売ってユーロを買うことのみです。

しかしFX取引においては例え保有する通貨が円のみであっても、「ドルを売りユーロを買う」というポジションを持つことが可能です。

それが認められるのはFX取引が「外国為替証拠金取引」と呼ばれる「証拠金取引」であるため、直接為替を売買する取引ではなく、建てた為替レートと決済した為替レートの差額のみのやり取りであることによります。

その国の価値を表す為替レート


円高になるわけは日本の価値が相対的に高まっているためです。為替レートが毎日動く理由でもご紹介しましたが、日本円に対する需要が高いことを示すのが円高ですから、円高の時は円が頻繁に使用されていることを意味します。

例えば不況によりアメリカ経済が落ち込んだとすれば、当然ドルの価値は下落します。「アメリカ製の商品は不況のため売れないだろう。

ドルが使われないことにより、ドルの価値は下がるはずだ」いうことになるわけです。このように為替レートというのは経済指標や金利、また要人の発言により大きな影響を受けます。管理人も一時期Oandaでアクティブに取引をしていたときに味わったのがリーマンショックであったことをいまさらながらしみじみ思い出します。

   世界各国の通貨の動きには一定の傾向が見られます。地理的に近い国の通貨、例を挙げると米ドルとカナダドル、ユーロとスイスフラン、豪ドル(ハイローオーストラリアはオージー産です)とニュージーランドドルは似たような動きをすることがありますし、逆に相対的な動きをするのが米ドルとユーロです。こちらの場合は一方が下がれば、もう一方は上がるという動きを見せます。

高評価FX

  • XM(XE Markets)
  • 24 Option
  • VIP Option
  • iForex

メニューナビ