FX おすすめ 口座

FXの手数料について


FXの手数料には、取引手数料とスプレッドの2種類があります。FX取引事業者に通貨売買を依頼する際、事務手続き費用として必要となるのが、取引手数料です。しかし現在では、無料としている事業者がほとんどとなっています。

一方、スプレッドとは、通貨間での売買を行う際に発生する、買値と売値の差のことをいいます。普通は、取引手数料のことを手数料と呼んでいます。

■取引手数料とは


よく”手数料ゼロ円”、”手数料無料”と表示されていますが、この場合の手数料とは取引手数料を指します。取引手数料は、新規に注文するとき(ポジションを建てるとき)、決済注文するときの2回必要になります。新規注文時の手数料のみ、または決済注文時の手数料のみを指して、「片道○円」と表します。

新規注文すると片道(行き)の手数料が発生しポジションを保有することができ、それを決済注文すると片道(帰り)の手数料が発生するというわけです。「1万通貨の取引に対して片道○円」というように表現します。なお、「1千通貨単位」「10万通貨単位」といった記載がない場合は、1万通貨の取引に対する手数料と考えてください。

近年ではほとんどの業者が取引手数料を無料としています。

■スプレッドとは

表面からは見えづらいのですが、FX(外国為替証拠金取引)にはスプレッドと呼ばれる手数料が発生します。スプレッドとは、買値と売値の差を指しています。米ドル/円の取引を例にとってみましょう。

105.45-105.48という為替レートがあった場合、顧客の買値は105.45、売値は105.48となります。この差額である3銭がスプレッドです。

顧客が105.45で買った場合、すぐに売っても売値は105.48となり、3銭の損となるために、これが手数料となってしまうのです。ではこのスプレッドの3銭はどうなるのか?実は、FX業者が取ることになります。

なお、binaryoptionjp.comで知ったのですが、日本国内で個人投資家がFX取引を行う場合、ほとんどは日本円がらみの通貨ペアを対象とするため、「スプレッドは○銭」という言い方をします。通貨ペアが外貨同士の組み合わせであれば、「○pips」という最小単位を基準とした呼び方をします。

スプレッドの幅が小さければ小さいほど為替差益は出しやすく、逆に幅が大きければ大きいほど為替差益が出しにくくなるのです。FX業者によって設定しているスプレッドは異なりますので、業者を選ぶときにはチェックしておきましょう。幅が狭い業者の解説はこちらからどうぞ。

・なぜスプレッドが存在するのか

頭皮商品には、株取引、外貨預金、先物取引などがありますが、どの取引にも手数料が必要となります。銀行や証券会社の利益は、投資家の支払う手数料から上がっているのです。ところが、FX業者のほとんどは取引手数料を無料としています。

ではFX業者はどこから利益を上げているのでしょうか。その答えがスプレッドです。FX業者は、手数料を無料とする代わりにスプレッドを設定することで、利益を確保しているのです。

FXについても、他の投資商品と同じく手数料は業者によって異なります。従って、FX業者でいう手数料の安さとは、スプレッドの小ささのことなのです。

・スプレッドの重要性

スプレッドの設定は、FX業者ごとに異なります。スプレッドはつまり手数料ですから、取引毎に必要となります。ですから、有利な取引がしたければ、スプレッドの小さい業者を選ぶべきなのです。

基本単位(1万通貨)での取引の場合、スプレッドは1往復につき数百円というのが普通です。大きな単位での取引なら、1往復につき数千円から数万円もになり、また取引回数が増えればその分だけ増加することになります。

FX比較の時にスプレッドの小ささを重視すべき理由が納得していただけるかと思います。最後に豆知識ですが、バイナリーオプション 比較にはこういう面倒くさい(?)くらべっこはしなくて良いのが助かります。

高評価FX

  • XM(XE Markets)
  • 24 Option
  • VIP Option
  • iForex

メニューナビ