FX おすすめ 口座

FXを始める前に押さえるべきこと!

FXの投資取引を始める前には、まずは取引会社を決定し、投資資金などを入れる口座を開かなくてはなりません。
ここでまず大きな選択肢があり、国内の取引業者にするか、それと国外業者にするかによって、実際のFXの取り引きの様相もだいぶ変わってきます。

国内の業者の多くは証券会社で、誰でも名前の聞いたことがある大手の証券会社もFXを扱っています。
取り引きを始めれば、業者にお金を預けることになりますので、まずは信頼できる会社を選択するのが良いでしょう。
信用と信頼がおける取引業者をピックアップしたら、そこからさらに絞り込んでいきます。
業者の信頼以外にも。その他にいくつか比べるべき点があります。
各種手続きの手数料や、スプレッドと呼ばれる取り引きへの手数料、通貨間の金利差で得られるスワップ金利の大きさ、そして、実際に取り引きを行うシステムソフトの使い勝手などになります。

この他には、FXの信用取引の最大の強みである、レバレッジの倍率の大きさがありますが、日本国内の取引業者では規制によって25倍までと定められており、どの業者でも共通となっていますので、選考の中に入れなくても大丈夫でしょう。
これらを加味した上で、取り引きを行う業者を決定するわけですが、実際の所、多くの業者において、口座の開設や維持にかかる手数料は無料になっているので、何回か取り引きを行ってみて、あまりしっくりと来なかったり、使い勝手がわるいような気がするのであれば、思い切って取引業者を変えてみるのもいいかもしれません。
海外の取引業者は、日本国内の様々な規制のほとんどがありません。
言語の問題と、入出金の管理だけが少々手間になりますが、日本語スタッフによるのチャットやメールなどのサポートや、ネット銀行などへの対応などから、そのあたりもだいぶ改善されています。

海外業者の最大の魅力は、レバレッジの倍率の高さにあるでしょう。国内ではわずかに25倍程度しか効果のないレバレッジですが、海外であれば数百倍の倍率で使用することができます。これにより、ハイリスクハイリターンにはなりますが、より大きく勝負して儲けることもできるようになっています。
また、日本で禁止されている投資方法にも規制がありません。
スキャルピングと呼ばれる、秒単位、分単位で細かく取り引きを繰り返し、その時の相場の流れだけで利益を確保していくという取引方法があるのですが、国内では運用システムへの負担や、ギャンブル的に運用されることが懸念されるため、スキャルピング行為を禁止しているところがほとんどです。
このように、国内、国外、またそれぞれの業者によっても、特色がありますので、FXを始める前には、ぜひ取引業者の選定から行ってみましょう。



高評価FX

  • XM(XE Markets)
  • 24 Option
  • VIP Option
  • iForex

メニューナビ